私は大学時代に福岡で空手をやっていました

私は大学時代に福岡で空手をやっていましたが、就職して愛媛に来ました。そしてしばらくは空手に縁はなかったのですが、ひょんな出来事から大学の先輩に出会い再び空手を競技することになりました。大学時代は強いチームに所属して全国的に名を馳せた選手たちと練習を重ねていたのである程度自信があり、愛媛でも試合に出ることにしました。

しかしその自信はもろくも崩れ去りました。大会での初戦40歳くらいの大男と対戦しましたが、相手の当たりで吹き飛ばされることが多くあり試合も成すすべなく敗れてしました。その時に脚力のもろさを身を持って知り、子供が通っているスイミングスクールにジム通いすることにしました。

狙うは吹き飛ばされない下半身作りです。その自分の目的にあったパーソナルトレーニングをスタッフの方にアドバイスをもらって取り組んだところ、まず立った状態でバーベルを担ぎ、ベストな状態で何キロのバーベルをスクワットできるかを計測しました。

そして60キロを担ぐことができ、それの7割の重量を10回スクワットして筋力増量を図りました。そのパーソナルトレーニングを週3回実行して、2週間後にベストを計測するトレーニングを実行しました。2ヶ月足らずで80キロまで持ち上げることができています。この継続して今度は吹き飛ばされない体を作り上げ、パーソナルトレーニングの効果を上げていきたいと思います。