受け取り方でかわる言葉の伝わり方

先日5年以上使っていたパソコンが起動するのに10回に1度となりやっと立ち上がったと思うとブラウザーが開かなくなりました。

お仕事をするのにパソコンが必要なため早急に新しいものをと思っていたのですが母子家庭で養育費ももらっておらず、更にメインで働いている職場からの給与も業績不振のため振り込みが滞っており買うことが出来ません。

そこでメインで働いている会社から持ち帰っていたパソコンを一時的に使わせてもらおうと社長に連絡してみました。

すると「3月末にあげようと思っていたので使ってもらって構いません」とお返事をもらいました。

これは思わぬクリスマスプレゼント!と思ったのですが、少しひっかかる言葉があります。

「あげようと」というのは、会社側に引け目があるはずなのによく言えたなと思ったのです。

相手に悪いと思っていて更に不愉快な思いをさせないようにと考えるならば「もらってもらおうと」と表現してよかったのではないかと思いました。

パソコンを使わせてもらえることになったので大きく不愉快に思うことはありませんでしたが、言葉って不思議なもので同じ意味ではあるのですが、取り方で随分と雰囲気が変わってうれしく思ったり不愉快に思ったりするものだと思いました。

たかだか表現ではありますが相手に不愉快な思いをさせたくないという気持ちを忘れずに私は発言していこうと思った出来事でした。