アクリルたわしでゆるーくエコ … 本当にきれいになるんです。

生来ズボラなくせに、変なところは神経質。

食器やタッパーなどにヌルっとした感じがあるのは、絶対にダメな私。

スポンジも新しいうちはいいんだけど。

何回か油汚れを洗ったら、それ以降はきれいにならない。

だからといって、しょっちゅうスポンジを替えるのもなぁ…

アクリルたわし、何十年か前に一度作ったのを思い出しました。

水だけで汚れが落ちる…って落ちねーじゃん!!とかなんとかでお蔵入りにしてしまったやつです。

あれ、ひょっとして、洗剤をちょっと使ってやればきれいになるんじゃね?

脳内に豆電球がピカリ♪

編み物は子供の時に夢中になった趣味でしたので、簡単なものならすぐに作れます。

以前、親戚のちびっこにせがまれて、マリオのあみぐるみを編んであげました。

インターネットって便利ですね。編み図もいっぱい出ています。

しかしその副産物?

たくさんのアクリル毛糸が余ってしまい、そいつをどっかにしまい込んでおいたのです。

…それを思い出し…探すとありました、ありました。

赤や青や肌色や茶色や白や黄色のアクリル毛糸。

試しに手のひらサイズに編んでみました。

やはりネットで見つけたうね編みという手法です。

手のひらサイズですから10分もあれば編めてしまいます。

この簡単さ。

作るとすぐに使ってみたい、とばかりに台所へ。

まずはアクリルたわしを洗剤で洗ってすすいでから、再び洗剤を少量つけ、食器を洗ってみました。

…ピカピカやないかい!!

お皿の裏のヌルッとしやすい所も、タッパーのすみっこも、手触りキュキュキュです。

スポンジに少量の洗剤をつけて食器を洗い、アクリルたわしでこすりながらすすぎ洗いしてみました。

…きれいです。グラスに曇りもありません。

ステンレスのボウルや、カトラリーも洗ってみます。

クスみがなくなり、何だかピカピカしています。

茶渋もとれます。

なんだ、これすごく優秀じゃないか。

掃除にも使えるし、食器もピカピカだし。

すぐさま用途別にどんどん作成。

形もいろいろ工夫します。

今ではうちの家のあらゆるところに、アクリルたわし様が鎮座しておいでです。

スポンジよりも耐久性が高く、長持ちします。

破れてきたら換気扇の掃除などに使ってから処分します。

100円ショップのアクリル毛糸で3~4個作れます。

洗剤も少なくて済み、手荒れのリスクも軽減。

ゆるーいエコという意味でも、アクリルたわしはなかなかの優れものです。