Re:ゼロから始める異世界生活の感想

昨日、アニメRe:ゼロから始める異世界生活を観ました!

アニメに詳しい友人から薦められて観てみたのですが、まさに神作品でした!!

今まで300を超えるアニメを観てきましたが、このアニメはそれらのアニメとは一味違っているように思えました。これからいくつか例をあげるなら、Re:ゼロから始める異世界生活の魅力をネタバレに注意しながら書いていきたいと思います!

まず、このアニメの主人公であるナツキスバルの人間の醜さを隠さず表現しているところに衝撃を受けました。醜態を晒しながらもスバルは残酷な運命に抗い続けます。

その姿に嫌悪感を覚えてしまう人もいるようです…ですが私は彼のその人間臭さに惚れたと言わざる負えないでしょう。ここまで人間本来の醜さを描く作品はそうはないとおもいましたね。

そんな醜さがある分、主人公であるスバルが運命に打ち勝っていく姿が際立つというものだと思います。そのコントラストがこの作品の魅力の一つと言えるでしょう。 

このアニメはいわゆるループものというジャンルにカテゴライズされるのですが、そのジャンルあるあるであり醍醐味ともいえるのが、伏線の多さだと思います。なので自分で先の予想やキャラの言動の意味を考えながら見進めていくとさらにこのアニメを楽しめると思います!

拙い文章ですが、少しでもRe:ゼロから始める異世界生活の魅力を伝えられたのなら、幸いです(笑)興味が湧いた方は是非観てみて下さい!