ハイスクール野球は準々決勝、こういう中から優勝がまとまる

高校生野球はトップ8が揃い、本日準々決勝の4ゲームが行われます。第1ゲームは香川の三本松高校生対都内の東海大菅生。お互い先手必勝の組なので先手をどちらが取り去るかが肝となるが、三本松の大物がどこまで東海大菅生打線を抑えれるかがカギになります。

公立校としては唯一のトップ8なのでオーディエンスはある程度三本松の助っ人に付くというので以下張り合うと楽しくなると思います。第2ゲームは奈良県の天理と大変県の明豊高校生のレース。品種の違うお互いの力のある投手達で乏しい失点でゲームを作る天理高校生に対し、ストレス力のある明豊のコンペです。明豊は得点を重ねて行かないとしんどいので天理の好投手を打てるかが鍵です。

ヒットの3番打者の出来が勝ち負けを分けそうです。第3ゲームは広島の広陵対宮城の仙台育英のゲーム。投打に力のある広陵と投手器量の仙台育英の型になると思います。広陵は投手達が豊富なので仙台育英の大物の出来が最大の争点です。広陵の3番打者が4本塁打放っているのでこういう対峙も注目です。

第4ゲームは岩手の盛岡大付対埼玉の花咲徳栄のゲーム。こういうゲームは打力が姿勢の両組なのであるそば件の奪い合いになると思うので、大柄イニングを防いでどこまで失点を控えるかが肝となると思います。