MY FIRST STORY 日本武道館公演

先週の金曜日、日本武道館で行われたMY FIRST STORYのライブに行ってきました。

この日本武道館公演は、今年行った47都道府県ツアーのFINAL公演です。

全席指定で、みんな椅子でした。

19時開演でしたが、物販が9時からで、ずいぶんと早い時間からやるんだなあとは思っていました。

さすがはマイファス、物販の列もえげつなかったです。

私は友達と9時ちょっと前に会場に着いたのですが、もうすでにいっぱいいました。

たぶん、2時間半以上は並んだと思います。

やはりファイナルだし、武道館ということもあり、会場限定のグッズも多数ありました。

中でも私がほしかったのは、ピアスです。

2000円で1つだけなので、高いなあと思いましたが買ってしまいました。

その場ですぐつけようかと思ったのですが、もったいなくてつけれませんでした。

あと、くじ引きポスターもあって買いましたが、Nobさんのでした。(笑)

Kid’zかHiroのがほしかったので少し残念ではありましたが、会場に行った人しか持ってないと考えるとレアですので、

妥協することにしました。

帰宅してからのお楽しみにと、会場では広げなかったのですが、会場でNobさんだと気づいたらまた並んで

買っていたかもしれません。(笑)

バンドのグッズは可愛いので、ついほしくなってしまいます。

できることなら全部ほしいところですが、さすがにそれは無理なので、

どれを諦めようか考えるのが毎回つらいです。

開場して席について、もう気分は上がりまくりです。

真ん中にステージがあり、360°どこから見ても見えるような構造になっていました。

Hiroが「どの席になっても絶対に楽しめる」と言っていた意味が分かりました。

開演すると、MCの節々に兄であるONE OK ROCKのTakaの話をしていました。

6年前の10日後、彼らはここでライブをした。

それをみて自分も音楽をやりたいと思うようになった。

しかし実際にやってみるとうまくいかないことばかり。

他のバンドと接する機会も与えてもらえず、フェス等からも呼ばれず。

彼らが見てきた6年間と僕らが見てきた5年間、何一つ同じ部分はない。

でも彼を、彼らを超えたい。

だから6年前の彼らと全く同じ条件(全席指定)で、アルバムもわざと当時の彼らと同じようなものを作って

彼らを意識して47都道府県ツアーを経て、今日を迎えた、と。

Hiroがいままで抱えてきたものは自分が想像するよりもはるかに大きなものでした。

「今までに何回も死のうと思った」

この言葉が印象的でした。

兄への想い、そして家族への想い。いろんなものが詰まっていました。

今回のこの日本武道館公演は、いつもみたいにかっこいいだけではなく、

Hiroのいろんな想いの詰まった、そしてそれを吐き出したライブでした。

マイファスのファンとして、この日本武道館公演に参戦できたこと、本当に誇りに思います。

もし来れてなかったら、たぶん一生後悔したと思います。

MCのたびに泣きました。歌の最中も泣きました。

こんなに泣いたライブは生まれて初めてでした。

これがもしDVDになってあとで見返しても、何回見返しても泣く自信あります。

それくらい、感動的で圧巻のライブでした。

Hiroは最後に、言いました。

いまはまだ無理かもしれない、無理かもしれないけど、

必ず彼らを超えて5年後の2021年に東京ドームでライブをします。

彼らって、もう言わなくてもわかってるよな?

俺の最初で最後のライバル、実の兄、ONE OK ROCKだ!!と。

私はワンオクも好きなので少し気まずい感じもありましたが、

マイファスがワンオクを超えるその時を見届けたいとも思いました。

私はHiroの言葉を信じて、これからもずっと応援し続けます。

2021年のドーム公演、必ず見に行きます!

何が何でも必ず見に行きます!

いまから楽しみです!!!